新築マンション投資

不動産投資 新築マンション【契約締結】

不動産投資に興味がある人は新築マンションにも興味がある人が多いのではないでしょうか。この物語は新築マンション投資が抱えるリスクをさらけ出します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○登場人物、会社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年2月、塚本さんからメールが届いた。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ユメ様 工事請負契約までの段取りをお伝えします。

(1)工事請負契約の日程

・日時∶2018年2月○日13時

・場所∶BJ会議室

・契約書(案)を添付していますのでご確認ください。※契約者名、日付は当日入力した状態で準備します。

(1)建築確認の取得と着手金の支払

白木先生に建築確認の取得に向けて動いていただいています。

建築確認がおりないとB信金は融資してくれませんので、建確次第と言う所になってきます。

建確の最終申請を出した段階で、B信金との打合せを行ってなってまいります。

(2)必要な自己資金

工事請負契約を済ませました後、諸費用分をお支払いいただく流れとなっております。

建築諸費用500万円の明細請求書を添付しておりますので、ご確認お願いいたします。

また、火災保険にも加入すると思いますが、竣工前には必要になってまいります。

以前に作成させていただきました火災保険の参考プランも、再度添付しておきます。

また、弊社受取分以外には、竣工時に登記費用・司法書士報酬、土地の取得税や建物取得税がそれぞれのタイミングで必要になってまいりますので、よろしくお願いいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私は何の疑いもなく、このメールを読んでいました。

建築諸費用には建築確認申請費用や水道施設費用、近隣対策費などが含まれていました。

ユメ「これは、どういった費用なんですか。」

塚本「工事代金と別に各申請などに掛かる費用です。すでに当社が立て替えているので早く支払ってもらえると助かります。」

ユメ「水道施設費用は設計上19室ですが、20室で計算されています。これはどういうことですか。」

塚本「間違っていました。修正します。」

ユメ「一度に500万円は厳しいので2分割でどうですか。」

塚本「わかりました。それでお願いします。」

私は、こうして建築諸費用の支払い方法なども調整を行い、いよいよ工事請負契約の日を迎えました。

出席者 ユメ、BJ下道、塚本、ファントム亀専務

亀専務「それではこちらが契約書です。ご確認ください。」

、、、、、確認中、、、、、

ユメ「名前間違えてます。数字も半角と全角入り混じって見にくいですが、、、」

塚本「名前は二重末線訂正印でいきましょう。数字ご容赦いただけないですか。」

ユメ『こんな基本的なこともできないとこと契約して大丈夫だろうか、、、でもここまで来てこれだけでちゃぶ台ひっくり返すのもおかしいよなぁ』

ユメ「わかりました。それでいきましょう。」

亀専務「ありがとうございます。これで契約成立ですね。後日、うちの内装外装の担当者を紹介するので細部調整を進めていきましょう。よろしくお願いします。」

ユメ『まあ、いろいろあったけど確実に前に進んでいるし、大丈夫だろう。』

ユメ「よろしくお願いします!」

こうして私は工事請負契約を締結し、工事開始に向けて動いて行くことになりました。

これで第1章「契約編」は終了です。お付き合いいただきありがとうございます!

次回は第2章「工事編」がスタート!

いきなりのトラブルで工事ストップ?!

ファントム担当者にもイライラ!

彼らには本当に苦労させられました。

次回お楽しみに!

この物語は事実に基づいて構成していますが、登場人物や金額など個人の特定に繋がる情報、契約に関する内容は変更しています。

次の話はこちら

ポチッとお願いします。
不動産投資ランキング